審美歯科 症例紹介

症例紹介「歯根の破損によるインプラント治療」

治療前 治療後
症例:治療前の歯根が破損している状態 症例:治療後のインプラント治療によるジルコニア歯

治療の治療流れについて

  • 歯の状態を確認します

    患者さまのご要望をお聞きし、治療計画をご提案いたします。

    症例:治療前の歯根が破損している状態
  • インプラントの埋め込み

    割れた歯根を取り除き、インプラントを埋め込みます。正確な位置にインプラントを埋め込めるようガイドを使用します。

    ガイドを使ったインプラント埋め込み
  • アパッチメントの取り付け

    インプラントと人工歯を繋ぐ役割をするアパッチメントを取り付けます。審美性を重視し金属ではなくジルコニアを選択しました。

    アパッチメントの取り付け
  • 仮歯の取り付け

    噛み合わせや審美性の確認するため、仮歯を取り付けます。

    仮歯を付けた様子
  • ジルコニア歯の取り付け

    仮歯で問題がなければジルコニア歯を取り付け完成です。

    治療完了後のジルコニア歯
治療方法 インプラント、ジルコニア
治療回数・期間 5回
費用 約550,000円(税込)
治療リスク 定期的なメンテナンスが必要です。
治療説明

「前歯の調子が悪い」との事でご来院頂きました。歯の根っこが割れており、差し歯としての治療は出来ず、インプラントによる治療を行いしました。

歯茎や骨を足して環境を整えてからインプラントを埋め込みました。歯の位置は一番目立つ前歯でしたので、審美性を重視しジルコニア素材を採用しました。

審美歯科をより知って頂くために

船橋市の審美歯科無料相談
ページトップへ