審美歯科 症例紹介

症例紹介「歯の変色と欠けた状態を修復」

治療前 治療後
症例:歯の変色と欠けた状態 症例:治療後のラミネートベニアで修復した状態

治療の流れについて

  • 歯の状態を確認します

    患者さまのご要望をお聞きし、治療計画をご提案いたします。

    症例:治療前の歯の変色と欠けた状態
  • 横から見た歯の状態

    正面から見た時よりも歯の変色が見られます。

    横から見た歯
  • 仕上がりイメージの確認

    歯を削ったりせず医療用プラスチックを使用して治療後の歯の形を再現しイメージを掴かんで頂きます。

    仕上がりイメージ
  • 色合わせ

    ほんの少し表面を磨いて色合わせを行います。

    歯の色合わせ
  • ラミネートベニアを取り付け

    ラミネートベニア(セラミック製の付け爪のような薄い人工歯)を取り付けて完成です。

    ラミネートベニアを取り付け
治療方法 ラミネートベニアによる歯の修復
治療回数・期間 3回
費用 約132,000円(税込)
治療リスク 定期的なメンテナンスが必要です。
治療説明

歯の形と色が気になるとのご相談でご来院されました。お話を伺いながら歯を削らず、その場で仕上がりイメージを掴んで頂きました。

その後、歯の色合わせを行い、ラミネートベニアを取り付けました。

審美歯科をより知って頂くために

船橋市の審美歯科無料相談
ページトップへ