マタニティ外来

妊産婦さんが安心して治療を受けられる専門の科です

妊娠中は、お口の中に違和感を感じても、麻酔やレントゲンがお腹の赤ちゃんに影響するのではとの心配から、受診が遅れたり、あきらめたりする方が多くいらっしゃいます。

 

そこで当医院では、安心して妊娠中でも治療を受けて頂くために、妊娠中の口腔内の問題に関して、専門の知識を持った歯科医師が対応にあたります(近隣の産婦人科医院と連携しています)。

 

妊婦さん診療中風景

治療には、問診表(妊産婦専用)に基づいて行い、同意を頂いてから体調に合わせ診療を進めます。

 

さらに、歯科衛生士が、妊婦さんはもちろん、これから生まれてくるお子さまのためにも、一人ひとりに合わせた予防方法をアドバイスし、サポートいたします。

妊娠中の主な歯のトラブルは次のようなものがあります

むし歯の進行・増加

食生活の変化やつわり等による口腔内環境の変化により、虫歯や歯周病になりやすくなります。 お口のケアはこれまで以上に重要になってきます。

 

 

妊娠性歯肉炎

女性ホルモンの分泌変化により、女性ホルモンを好む歯周病菌が活動します。 よく歯磨きをしていても、歯ぐきが腫れたり出血しやすくなったりします。対応としては、プラークコントロール・歯石除去により予防・治療を行います。

 

 

妊娠性エプーリス(歯肉腫)

歯ぐき(歯間乳頭部)が腫れたり、著しく歯肉が増殖します。 放置すると臭いや歯がぐらつきます(歯槽膿漏のようなもの)。 出産後、自然消失するのでプラークや歯石除去を行い経過観察します。 生活に支障をきたす場合は切除も行います。

 

 

親しらずが腫れる

歯磨きがおろそかになり、口腔内に汚れが残ると発症しやすくなります。 お薬(抗生物質)で抑えて、親知らずを抜く対応を行います。

 

 

口臭

歯肉炎の進行・つわりによるお口の環境の変化により、口臭が発生します。

 

 

口内炎

食生活の変化・栄養バランスの偏りにより発生します。

 

 

酸蝕症(酸によって歯が溶けていく症状です)

つわりによる嘔吐や柑橘類・清涼飲料水の摂取、唾液PH酸性化の影響によりおこります。

良く受けるご質問について

麻酔は胎児に影響はありますか?

歯科治療で使う麻酔はほとんどが局所麻酔です。局所麻酔では通常使用量なら比較的安全です。 産後の授乳中も乳児に影響がないといわれています。

 

 

抗菌薬・鎮痛薬など胎児に影響ありますか?

必要な場合は、比較的安全なお薬を使用して最小限で使用します。また母乳への影響はないと考えられていますが、心配ならば授乳直後に服用すると安全です。

 

 

レントゲン(X線)は母子への影響はありますか?

お腹に防護服(鉛のエプロン)をしていただくので、胎児への被曝量は低く影響はありません。

スタッフからのメッセージ

患者さまから「妊婦さんは歯科治療を受けていいの?」と、ご質問を受けることがあります。一般的には、十分な配慮を行えば、歯科治療を受けても問題なく、胎児への大きな影響はないと考えています。

 

むしろ、口腔内の衛生状態が悪い場合や、むし歯や歯ぐきの痛みを我慢することによるストレスの方がはるかに母体や胎児にとって悪影響となります。

 

当医院では専門の知識持ったスタッフによるマタニティ外来や近隣の産婦人科医院と連携により、万全の態勢で妊婦さんの治療・予防に当たっています。ぜひ、お口で気になることがございましたら、お気軽にお越しください。

治療に関するご質問やご予約は、お気軽にパール歯科医院までお電話ください
ページトップへ